【アンケート結果】12/3は妻の日ですが…妻への感謝の形は何が一番?

【アンケート結果】12/3は妻の日ですが…妻への感謝の形は何が一番?

世間一般に認知されているとは言い難いですが、12月3日は「妻の日」だそうです。
1995年に凸版印刷によるキャンペーンで制定されたとか。
このたび、全身脱毛についての情報サイトも運営するデジタルレクリム株式会社が、20~30代女性の趣味趣向を調査する一環で、女性は男性からどんな形で感謝されたいのか?アンケートを実施しました。
結果は「感謝の言葉」が最多!ちょっと意外に思う方もいるかもしれません。ありがとうの言葉で十分幸せという方もいるでしょうし、もしかしたら、財布は一緒だから無駄なお金は使わないで欲しいという方もいるかもしれません。
また、逆に見ると、夫がいかに普段から妻に感謝の言葉を発してないか、が読み取れます。妻にどう接するべきか、男性陣は参考にしてみてはいかがでしょう。

調査概要

12月3日は妻の日ですが、デジタルレクリム株式会社(本社:東京都板橋区/代表取締役:中村匠吾)では、20~30代の女性(既婚者)向けで、夫からどのように感謝されるのが一番嬉しいのか、アンケートを実施いたしました。

調査レポート目次

調査レポートまとめ

アンケート結果|妻が最も期待しているのは『ありがとう』の言葉!

・妻の日が制定されたのは1995年(平成7年)のことで、凸版印刷によるキャンペーンで生まれたとのこと
・アンケートの結果、女性・妻側が最も喜ぶこと
 1位:感謝の言葉で伝えてくれること(62%)
 2位:お花やケーキなどのプレゼント(17%)
 3位:家事手伝い(13%)
・【1位:感謝の言葉と答えた人のコメント例】
●いつも言われないことだから、ありがとうと言ってほしい(32歳女性:東京都)
●年末は出費がかさむ時期だから、無理にお金を使うよりは言葉で伝えてくれた方が嬉しいですね(29歳女性:愛知県)
・【2位:プレゼント・3位:家事手伝いと答えた人のコメント例】
●家事に給料はないからプレゼントで補ってほしい(34歳女性:東京都)
●2人で食べられるようなおいしいケーキ等を買ってくれたら、嬉しいです(30歳女性:大阪府)

調査方法

【アンケート概要】
インターネット上にて、20~30代の女性100人(既婚者)を対象に『妻(女性側)は男性からどういった形で感謝されたいですか?』という質問を実施
・回答者の地域:全国各地
・アンケート実施日:2019年11月28日

調査元

本社:〒173-0004 東京都板橋区板橋1-48-9 建材ビル6F
代表者:代表取締役 中村匠吾
資本金:300万円
Tel:03-6869-0653
Fax:03-6779-4718
URL:https://digital-reclame.com/
事業内容:最適な広告運用のベストパートナーとしてお客様のお手伝いをいたします

詳細を確認する

調査レポートへ