webアンケートを申し込むときは、以下のような点に気を付けてください。

 

調査目的を明確に

webアンケートを行うことで何を得たいのか、調査の目的を明確にするようにしてください。

ここが曖昧なままアンケートを実施すると、

  • コストをかけてデータを取ったが結局使わなかった
  • アンケート実施の段階で方針が変わって追加費用が発生した

といった事態に陥るリスクがあります。

正式に申し込みを決める前に、何のため・誰のためにアンケートを実施するのか目的をクリアにしておきましょう。

 

自社側がやること・リサーチ会社側がやることを把握する

「基本料金内で○○作業もやってもらえると思っていた」など、申し込み後に認識違いが発覚するトラブルにご注意ください。

webアンケートは「サンプル回収(アンケート回答データ収集)」の部分は基本料金に含まれていますが、調査票(アンケート質問一式)の設計や集めたデータの分析などはオプションサービス扱いのことが多く、これらの作業を依頼するには別途料金が必要になります。

後から予想外の追加費用が発生したり、急遽自社で作業をすることになってスケジュールが遅れるような事態になることを防ぐためにも、リサーチ会社に依頼する業務範囲は確認するようにしましょう。

 

◎関連Q&A

 

 

Q&Aをキーワードで検索

▼ このページを保存/共有する

Pocket