日用消耗品の定期購入と環境意識に関する調査

日用消耗品の定期購入と環境意識に関する調査

洗剤やティッシュなどの日用消耗品。頻繁に補充が必要で、かつ重かったりかさばったりと購入に面倒を感じる人も多いのではないでしょうか。ネット通販をしている人の割合がきっと増えているだろうことは想像できますが、実際のところはどうなのか?このたび株式会社ネオマーケティングが調査結果を発表しています。
またネット通販サイトでは「定期購入」の文字を目にすることが増えましたが、実際に定期購入をしている人はどれくらいいるのでしょうか。興味深いですね。

調査概要

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回、2020年1月11日(土)~2020年1月13日(月)の3日間、20~79歳の男女1,200人を対象に「日用消耗品」をテーマにしたインターネットリサーチを行いました。

調査レポート目次

・調査背景
・調査概要
・アンケートの主な質問と回答

調査レポートまとめ

Q. 普段、日用消耗品をどこで購入しているか

日用消耗品の購入先としては、
・「お店に足を運んで店頭で購入している」が98.0%
・「ネットなどオンライン上で購入している」が31.0%
また、ネットでの購買は最も高い30代(36.5%)と最も低い70代(21.5%)で15ポイントの差。

上記から、店頭とネットの両方を利用している人も一定割合いることが分かる。

日用消耗品を購入する際に利用する端末としては、
・「パソコン」が75.3%
・スマートフォンが48.9%
・ガラケーは1.9%
・タブレットが9.9%
と、ネット注文者の多くがPCやスマホを利用していることがわかった。
また、やはりパソコンとスマホの両方を利用している人がいることも分かる。

普段、日用消耗品の定期購入サービスや定期便などを利用しているか、については
・「利用している」7.9%
・「以前利用していたが、現在は利用していない」7.7%
・「利用したことはない」84.4%
という結果に。

サブスクリプションやサブスクの名前で知られる定期購入サービスについて、日用消耗品においてはおよそ8%が今現在利用していることがわかった。

調査方法

・調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート
・調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳から79歳の男女のうち日用消耗品を購入する方
・有効回答数:1,200名(20代、30代、40代、50代、60代、70代:男女各100名ずつ)       
・2020年1月11日(土)~1月13日(月)

調査元

〒150-0036
東京都渋谷区南平台町16-25 養命酒ビル
TEL 03-6328-2880
https://www.neo-m.jp

詳細を確認する

調査レポートへ