マーケティング調査をリサーチ会社に依頼する場合、発注前に見積もりをとると思います。

この見積もりについて、どのような点について気を付けるべきでしょうか?

以下に注意点を記載しますので、特にマーケティング調査に慣れていない方は
見積もり依頼前にご一読ください。

 

見積もりの注意点

結論から言うとマーケティング調査の目的を明確にしてから見積もりをとるようにしてください。

調査目的が曖昧なままだと、調査の仕様(要件)も具体的に決まりません。

この状態で見積もりをとると、実際にマーケティング調査を実施するときになってあれこれと追加サービスが必要になり、結果的に当初の見積もり金額を大きく超えてしまう恐れがあります。

こうなると最初に見積もりをとった意味が薄れてしまいます。

また他のQ&Aでも触れていますが、 リサーチ会社は”マーケティング調査の実施”についてのノウハウは持っていても、”調査を行う目的そのもの”を決めることはできません。

状況を知るための調査にせよ、仮説を検証するための調査にせよ、「何のために行う調査なのか」という点は明確にした上で見積もりをとるようにしましょう。(※)

 

※)より正確な費用を知るためには調査の仕様(アンケート設問数、サンプル数etc.)も決めておく必要があります。仕様が曖昧すぎると、費用の算出ができない可能性があります。

 

見積もり前に費用の概算を知る方法

例えばインターネット調査でアンケートを行うことを考えているのであれば、
各ネットリサーチ会社の料金表を見ることでサービス料金を調べることができます。

見積もり依頼が出せる段階でなくとも、このような手段で大まかな費用を知ることはできるということも知っておきましょう。

 

◎関連Q&A

Q&Aをキーワードで検索

▼ このページを保存/共有する

Pocket