ネットリサーチの委託方法としては、

  • マーケティングリサーチ会社に”ネットリサーチでのアンケート調査”を依頼する
  • 直接ネットリサーチ会社へアンケート調査を依頼する

などの方法があります。

基本的には、マーケティングリサーチの全工程をすべてひっくるめて委託するのであれば前者を、単にサンプル回収(回答データ収集)の部分を委託したいのであれば後者が適していることが多いでしょう。(※)

※「ネットリサーチ会社」でもマーケティングリサーチの全工程をカバーしている場合もありますのでケースバイケースです。

 

【例】自社会員へのアンケートをネットリサーチ会社へ委託する場合

例として、ネットリサーチ会社へ自社会員へのアンケートを委託する場合を考えてみます。

仮に「自社でできることは自社で行い、必要最低限の部分だけ委託したい」というケースで考えると、以下のような形になることが多いと思います。

 

自社側で行うこと

  • 設問数・サンプル回収数・アンケート対象者の条件・回答者への謝礼など”アンケートの仕様”を決める
  • アンケート設問一式(調査票)を用意する

 

ネットリサーチ会社側で行うこと

  •  調査票をもとにweb画面を作成
  • アンケートの実施(回答収集)
  • アンケート回答結果を集計

 

# ネットリサーチ会社側の担当者と相談・調整をしながら、アンケートを進行していくイメージです。

 

ネットリサーチを委託するときの注意点

自社でやることと、委託先に頼むことを明確にしましょう。

同じ”リサーチ会社”でも提供サービスの範囲・ルールが同じとは限りませんので、特にはじめて取引するような場合にはどこまでやってもらうのか(やってもらえるのか)をクリアにしておくことで、後々トラブルになるリスクを減らすことができます。

 

◎関連Q&A

Q&Aをキーワードで検索

▼ このページを保存/共有する

Pocket