メーカーや広告代理店にコンサルティング会社から大学や行政機関まで、
あらゆる組織・団体がリサーチ会社にマーケティング調査を委託しています。

 

マーケティング調査の委託例

どのようなケースがあるのか、その全てをここでご紹介することはできませんが、
参考までにいくつか事例を挙げてみます。
(なるべく簡潔な説明にするため、細かい話は端折っています。)

 

メーカー

新商品の開発に際して、どのようなコンセプトで進めるかを決めたい。

→リサーチ会社が保有するアンケートモニターの中からある商品の購入者を選び出し、アンケート調査を実施した。

 

コンサルティング会社

ある地方の道路・施設について、周辺住民が問題と捉えているものを定量的な数値で知りたい。

→リサーチ会社にマーケティング調査を委託し、ターゲットとなる特定の地域の人へアンケート調査を行った。

 

インターネットサービス運営会社

競合する他社ネットサービスと比べて自社サービスがどの程度知られているか・どう思われているのかなどを明らかにして、サービス改善の方針を決めたい。

リサーチのプロの意見を聞きたかったので、マーケティング調査の企画段階からレポートまで全工程を委託してフォローしてもらった。

 

その他のケース

上記の他にも様々な組織・団体がマーケティング調査の委託を行っています。

  • リサーチ会社の保有するアンケートモニターの人たちに意見を聞きたい
  • 自社会員に対してアンケートを実施したいがノウハウが無いので専門家の手を借りたい

といったニーズはあらゆる業種に存在しますので、貴社と同じような悩み・要望を持つ方が
マーケティング調査を委託しているケースも十分あり得るでしょう。

 

◎関連Q&A

Q&Aをキーワードで検索

▼ このページを保存/共有する

Pocket