結論から言うとマーケティングリサーチ業務を委託することは可能です。

マーケティングリサーチ会社はたくさんありますし、
ネットリサーチ会社でもマーケティングリサーチ業務に対応している会社も少なくありません。

以下のような点に注意しつつ、希望条件に近い委託先を選びましょう。

 

マーケティングリサーチを行う目的は?

自社にリサーチのノウハウが無い場合、調査の企画からレポートまで全て任せることもあると思います。

しかし調査目的は自社(ご自身)で決める必要がありますので、その点はご留意ください。

リサーチ会社はマーケティング調査の実施についてはプロですが、
そもそも何のため・誰のためにリサーチを行うのかについては判断できません。

また調査目的が曖昧なまま”とりあえずやってみる”形でマーケティングリサーチを実施すると、
せっかくコストをかけてデータを取っても特に活かされることなく終わってしまう恐れがあります。

そうならないよう、「そのリサーチを行うことで何を得たいのか?」といった調査目的は必ず定義しておきましょう。

 

委託する範囲を明確に

マーケティングリサーチの工程のうち、どこからどこまで委託するのかによって
費用やスケジュールに大きな違いが出てきます。

また、よく確認せずに委託してしまうと、後から追加の費用が必要になったり、
納期に間に合わなくなったりするなどのトラブルが起きる可能性があります。

リサーチ会社毎に基本料金内で対応可能な範囲に違いがありますので、
特に始めて取引をするリサーチ会社の場合には”委託する部分と自社でやる部分”を
必ず確認するようにしましょう。

 

◎関連Q&A

Q&Aをキーワードで検索

▼ このページを保存/共有する

Pocket