インターネットリサーチサービスの料金はネットリサーチ会社毎にマチマチですし、アンケートの内容次第で料金が大きく変わりますので「いくらぐらいなら妥当」と言い切るのは難しいです。

インターネットリサーチを初めて利用する方にとっては何を基準にすれば良いのかがわかりづらいと思いますが、少なくとも「費用がかかるポイント(内訳)」と「各ネットリサーチ会社の費用を調べる方法」を知っておくと、ある程度ご自身で金額の妥当性を判断することができると思います。

 

費用がかかるポイント

インターネットリサーチの費用は主にアンケートの設問数とサンプル数(回答データ数)に応じて決まります

また、調査票の設計や分析・レポートなど、web画面作成〜サンプル回収(アンケートデータ回収)の前後の工程は
オプション扱いになっているのが普通ですので、そのような作業も含めて依頼するならオプション料金も必要になります。

 

費用を調べる方法

各ネットリサーチ会社のwebサイトを見ると、サービスの料金表が公開されていることが多いです。見積もりを何十社分も取るのは大変ですが、料金表を見るだけならそこまで手間はかかりません。まずは依頼先候補のネットリサーチ会社の料金表を見比べてみて、おおよその費用相場を調べてみることをおすすめします。

また、アンケートの設問数とサンプルサイズがわかっていればこちらのネットリサーチ料金計算ツールで大まかな価格帯を調べることもできます。見積もり前の相場チェック、または見積もり後に金額の妥当性を確認したいときなどにご活用ください。

 

◎参考

 

◎関連Q&A

インターネットリサーチの代行を依頼する場合、以下いずれかのケースであることが多いと思います。

  • 【A】自社の顧客(会員)に対してインターネットでアンケートをしたい
  • 【B】リサーチ会社が保有しているモニターに対してアンケート調査を実施したい

A,Bそれぞれの場合について気を付けるべき点は以下のとおりです。

 

【A】自社の顧客(会員)に対してインターネットでアンケートをしたい場合

まず大前提として、自社会員へのインターネットリサーチが実施できることを確認するようにしてください。
ネットリサーチ会社のwebサイトを見ると「オープン型調査」「マイリスト型調査」「ASPリサーチ」などの名称でサービスとして提供されていることが多いと思います。

次に個人情報の取り扱いについても注意が必要です。
アンケートの実施方法次第ではありますが、自社会員へのアンケートを代行してもらう場合は
会員のメールアドレスをネットリサーチ会社へ渡してメール配信してもらうケースが多いと思います。
当然ながらメールアドレスは個人情報ですので、その扱い方法(どのような体制で運用しているのか)が
明確なネットリサーチ会社に頼んだ方が安心して任せられるでしょう。

 

【B】リサーチ会社が保有しているモニターに対してアンケート調査を実施したい場合

こちらの場合、何を代行してもらうのかを明確にしておきましょう。

インターネットリサーチで回答データを集める工程のみやってほしいのか、
調査の企画・設計から分析・レポートまで含めてフルにサポートしてほしいのかで
必要な予算もスケジュールも大きく変わってきます。

ここが曖昧なままリサーチ会社に代行を頼むと、後で認識違いによるトラブルにつながる恐れがありますので、
念のため自社がやること・代行してもらうことを確認するようにした方が安全でしょう。

 

◎関連Q&A

インターネットリサーチのサービスを提供している会社はたくさんありますので、
いったいどこに頼めばいいのか?とお悩みの方もいらっしゃると思います。

ただ、どのインターネットリサーチ会社がおすすめかというのは貴社の都合次第(アンケート調査次第)で変わってきます

とにかく予算が無いのでコストを抑えることが最優先なのであれば
こちらの記事でご紹介している会社の中から料金が安いところを探すのもひとつですし、
ネットリサーチの勝手がわかっておりご自身で作業できるということであれば
セルフ型ネットリサーチ(DIYリサーチ)を提供している会社の中から選ぶ方法もあるでしょう。

特殊な条件にあてはまる人たちに対してのアンケートを実施するなら、
そのような条件に合うモニターを抱えているか、または単純にたくさんのモニターを保有している
インターネットリサーチ会社を選ぶことになります。

また「はじめてインターネットリサーチを利用するので安心できる大手が良い」という
お話でしたら自ずと選択肢は限られます。

 

繰り返しになりますが、おすすめと言えるインターネットリサーチ会社はアンケートの内容次第で変わります。
したがってまずはアンケート調査の仕様(要件)と何を優先するのか(コスト・スピード・サンプル確保 etc.)をはっきりさせ、その上で依頼先を考えた方が良いでしょう。

 

◎参考
複数のインターネットリサーチ会社を比べて検討することに慣れていない方は、
こちらの『ネットリサーチ会社の比較ポイント』なども参考にしてみてください。

 

◎関連Q&A

ネットリサーチの委託方法としては、

  • マーケティングリサーチ会社に”ネットリサーチでのアンケート調査”を依頼する
  • 直接ネットリサーチ会社へアンケート調査を依頼する

などの方法があります。

基本的には、マーケティングリサーチの全工程をすべてひっくるめて委託するのであれば前者を、単にサンプル回収(回答データ収集)の部分を委託したいのであれば後者が適していることが多いでしょう。(※)

※「ネットリサーチ会社」でもマーケティングリサーチの全工程をカバーしている場合もありますのでケースバイケースです。

 

【例】自社会員へのアンケートをネットリサーチ会社へ委託する場合

例として、ネットリサーチ会社へ自社会員へのアンケートを委託する場合を考えてみます。

仮に「自社でできることは自社で行い、必要最低限の部分だけ委託したい」というケースで考えると、以下のような形になることが多いと思います。

 

自社側で行うこと

  • 設問数・サンプル回収数・アンケート対象者の条件・回答者への謝礼など”アンケートの仕様”を決める
  • アンケート設問一式(調査票)を用意する

 

ネットリサーチ会社側で行うこと

  •  調査票をもとにweb画面を作成
  • アンケートの実施(回答収集)
  • アンケート回答結果を集計

 

# ネットリサーチ会社側の担当者と相談・調整をしながら、アンケートを進行していくイメージです。

 

ネットリサーチを委託するときの注意点

自社でやることと、委託先に頼むことを明確にしましょう。

同じ”リサーチ会社”でも提供サービスの範囲・ルールが同じとは限りませんので、特にはじめて取引するような場合にはどこまでやってもらうのか(やってもらえるのか)をクリアにしておくことで、後々トラブルになるリスクを減らすことができます。

 

◎関連Q&A

会社の規模が大きいからといって必ずしもリサーチ価格が高いわけではありません。

 

大手以外は安いのか?

こちらのQ&A(アンケート調査の依頼先はどのように探せば良いのですか?)でご紹介している方法でインターネット調査サービスを提供しているリサーチ会社を探すと、70社近くの会社が見つかります。(2014.1現在)

その中には”ネットリサーチ会社”も複数あり、大手もあれば、そこまで規模が大きくない会社もあります。

各ネットリサーチ会社の料金表や料金体系を見てみると、

  • 何にいくらかかるか
  • 基本料金に含まれないもの

などに差があることがわかりますが、「大手だから高い」とも「大手でないから安い」とも言い切れません。

依頼するアンケート調査の仕様(設問数、サンプル数 etc.)次第で、どのネットリサーチ会社のサービスがリーズナブルなのかは変わります。

 

ネットリサーチ会社のサービスとの相性

実施するアンケート調査の要件が、依頼先のネットリサーチ会社が提供するサービスの内容・範囲とマッチしているかどうかで費用のかかり方が変わってきます。

基本料金のサービスでは不足があるようなら、オプションサービスを利用することになり結果として割高になるかもしれません。

一方、全て基本料金内で収まるなど費用面での相性が良ければ、想定以上にコストが嵩むリスクは低いでしょう。

各ネットリサーチ会社のwebサイトを見てサービス内容を確認し、依頼したいアンケート調査の要件とのギャップを確認してみてください。

その上で更に詳細な情報がほしい場合や、自分で見ても判断がつかないような場合は見積もり依頼(※)をして不明点をクリアにしましょう。

※)依頼先のネットリサーチ会社を決めているのであればそちらへ直接問い合わせても良いですし、そうでなければ当サイトなどの見積もりサイトを通して問い合わせをする方法もあります。

 

◎関連Q&A

 

webアンケートの委託先を探すときは、まずリサーチ会社のタイプを決めて、その中から最適な会社を選ぶ方法がスムーズです。

 

リサーチ会社のタイプを選ぶ

アンケート用のweb画面作成〜回答してもらいデータを集める部分のみを委託したいのであれば、ネットリサーチ会社に依頼すると低コスト・スピーディーに調査を実施することができます。

一方、調査票設計やアンケート結果の分析・レポートまで含めて委託したいときは、マーケティングリサーチ会社に依頼する方法もあります。(※)

マーケティングリサーチ会社のサービスは扱う範囲が広い分、料金も高くなりますのでその点はご留意ください。

※)ネットリサーチ会社でもこのようなサービスを提供しているところも少なくありませんので、ケースバイケースです。

 

複数のネットリサーチ会社を比較するコツ

どのネットリサーチ会社にwebアンケートを依頼するか検討する際、複数の会社を比較して決めたいこともあるかと思います。

どのような基準で比較・検討すべきかわからない場合は、こちらのネットリサーチ会社の比較ポイントについての解説をご覧ください。特にwebアンケートに慣れていない方にとっては参考になるはずです。

また、各社の料金やモニター数で比較したい場合には、こちらのネットリサーチ会社一覧比較表が便利です。

価格について更に詳しい情報がほしい場合には、ネットリサーチ料金ツールでおおまかな費用を算出してみるか、各社のwebサイトを訪れて料金表を確認するか、または見積もりをとって詳細を確認しましょう。(当サイトからも見積もり依頼ができます)

 

◎関連Q&A

webアンケートを申し込むときは、以下のような点に気を付けてください。

 

調査目的を明確に

webアンケートを行うことで何を得たいのか、調査の目的を明確にするようにしてください。

ここが曖昧なままアンケートを実施すると、

  • コストをかけてデータを取ったが結局使わなかった
  • アンケート実施の段階で方針が変わって追加費用が発生した

といった事態に陥るリスクがあります。

正式に申し込みを決める前に、何のため・誰のためにアンケートを実施するのか目的をクリアにしておきましょう。

 

自社側がやること・リサーチ会社側がやることを把握する

「基本料金内で○○作業もやってもらえると思っていた」など、申し込み後に認識違いが発覚するトラブルにご注意ください。

webアンケートは「サンプル回収(アンケート回答データ収集)」の部分は基本料金に含まれていますが、調査票(アンケート質問一式)の設計や集めたデータの分析などはオプションサービス扱いのことが多く、これらの作業を依頼するには別途料金が必要になります。

後から予想外の追加費用が発生したり、急遽自社で作業をすることになってスケジュールが遅れるような事態になることを防ぐためにも、リサーチ会社に依頼する業務範囲は確認するようにしましょう。

 

◎関連Q&A

 

 

結論から言えば、委託先が大手でないこと自体が問題になる可能性は低いでしょう。

ウェブ調査の委託を請け負っているネットリサーチ会社は多数ありますが、その全てが大手というわけではありません。
大規模・複雑な調査を実施する場合には大手リサーチ会社の大規模なモニターや調査サービスの多様さが魅力的に映るかもしれませんが、そこまで規模が大きくない通常のウェブ調査であれば、必ずしも大手にこだわる必要性は薄いのではないでしょうか。

会社の規模は小さくとも、

  • 特定の業界についてノウハウ・知見がある
  • スマートフォンユーザーなど特定のモニターへアンケートができる

など独自の強みを持つネットリサーチ会社もあります。

また、「言いたいこと・やりたいことを理解してフォローしてくれる」など、”担当者レベルでの相性の良さ”という点は、会社の規模とあまり関係がありません。

何か特別な事情がある場合を除いて、通常は委託する調査の内容から考えて適切な会社を選ぶ方が良い結果につながるでしょう。

 

◎参考

ネットリサーチ会社選びに慣れていない方・どのように選べば良いのかよくわからない方は、

をご覧になってください。

ウェブ調査(ネットリサーチ)の品質料金納期/納品スピードサンプル回収アンケートシステム機能から比較する方法を解説しています。

 

◎関連Q&A

 

ネットリサーチ会社へウェブ調査を申し込むときの大まかな流れは次のとおりです。

  1. 調査目的・調査仕様を決める
  2. 調査票(アンケート質問一式)を用意する
  3. ネットリサーチ会社に問い合わせる
  4. 見積もり・スケジュール調整
  5. 申し込み確定(発注)

※上記リンクをクリックすると各項目の説明(以下)にジャンプします。

それぞれについて以下にご説明します。
特に初めてウェブ調査を申し込む方は参考にしてみてください。

 

1.調査目的・調査仕様を決める

まず、ウェブ調査を行って何を得たいのか目的を定義します。
ここはできるだけ率直に・具体的な内容にしてください。
無理に難しい言葉ばかり並べると抽象的になり、後から方針のブレにつながる恐れがあります。

次に調査の仕様を考えます。
詳細はネットリサーチ会社と相談しながら決めるとしても、最低限以下3つは考えておきましょう。

  • 調査対象者(アンケートに答える人の条件)
  • アンケート設問数
  • 回収サンプル数(回答人数)

なおウェブ調査なので「調査手法」は”インターネット調査”になります。

 

2.調査票(アンケート質問一式)を用意する

ウェブ調査で使用するアンケートの質問文と選択肢をまとめた調査票を作成します。
こちらはウェブ調査申し込み後に用意しても良いのですが、可能であればこの段階で作成しておくことをおすすめします。
調査票を作成してみることで気が付くこともありますので、見積もり後に大幅な費用追加が発生するようなことにならないよう早めに着手しておいた方が無難です。

 

3.ネットリサーチ会社に問い合わせる

既に依頼先が決まっているならそのネットリサーチ会社へ直接問い合わせます。
情報収集・相談しながら依頼先を決めたければ、当サイトのような見積もりサイトを通して問い合わせを入れる方法もあります。

問い合わせ後、ネットリサーチ会社営業担当者に前段の調査仕様を伝えてウェブ調査の実施が可能かどうか相談します。

 

4.見積もり・スケジュール調整

次にウェブ調査実施にかかる費用の見積もりを出してもらいます。
※見積もり金額についてはこちらのQ&A『アンケートの見積もり金額は、通常いくらぐらいになるものですか?』をご覧ください。

また、具体的にスケジュール(納期)が決まっている場合は日取りについても相談をします。

 

5.申し込み確定(発注)

調査の仕様・費用・スケジュールなどを確認した後、依頼先のネットリサーチ会社を決めて正式にウェブ調査を申し込みます。

 

◎関連Q&A

以下のような理由で、ネットリサーチ会社毎のウェブ調査の見積もり金額の差が大きくなることがあります。

 

料金体系の違いによるもの

ネットリサーチ会社毎にサービス内容・料金体系が異なりますので、同じ内容のウェブ調査でも料金が異なります。

仮にネットリサーチ会社A社とB社があったとして、A社の場合には基本料金内で収まり、B社の場合は基本料金内のサービス範囲に収まらないとします。そのような場合、B社の方がオプション料金が発生する分だけ割高になるケースもあるでしょう。

ただし必ずしも「A社のサービスがB社よりもリーズナブル」とは言い切れず、「依頼するウェブ調査の内容とA社のサービスが(費用面での)相性が良かった」という可能性もあります。つまり調査内容によってはB社の方がリーズナブルになることもあり得るということです。

ウェブ調査の費用は主にアンケート設問数とサンプル数で決まりますが、このような各ネットリサーチ会社のサービスとの相性が見積もり金額の差となって現れることもあります。

 

見積もりの精度による影響

アンケートに答える人の条件や調査票(アンケート質問票)の内容などが明確に決まっておらず、曖昧な前提条件で見積もりの概算を出した場合はそのリサーチ会社がどの程度バッファ(余裕)を取るかによって金額にばらつきが出ます。

後から大幅に追加費用が発生するリスクを避けるためにかなり高めの金額で見積もるリサーチ会社もあれば、そうでないリサーチ会社もあるかもしれません。特に複雑な運用を要するウェブ調査の場合には、リサーチ会社のスタンスの違いによる差が大きくなるでしょう。

このような理由で、各社の見積もり金額に大きな違いが出てくることもあります。

 

◎関連Q&A