メーカー・サービス業から官公庁まで様々な組織・団体がネットリサーチ会社にweb調査を委託していますし、特に珍しいことではありません。

以下に一例を挙げますので、参考にしてみてください。

 

事例:インタネットサービスの満足度調査

目的は、自社の顧客に対してweb調査(アンケート)を実施して「既存サービスのどのような点に不満を抱えているか?」を明らかにすること。

web調査で得られた顧客の声をもとに、

  • 既存サービスの改善方針
  • 新サービス案の取り組み優先度
  • 今後の顧客獲得方法

などの検討を進める。

自社に調査ノウハウが無かったため、ネットリサーチ会社にweb調査の企画から実施、アンケート結果の分析・報告までまとめて委託した。

 

web調査の委託をお考えの方へ

今日どの業種・業界でも「自社の顧客及び顧客となりうる人たちの意見を聞く」ことは重要視されていますし、リサーチ会社に調査を委託して実際に生活者の声を分析することもごく普通に行われています。

ネットリサーチ会社側でも調査の委託をサポートする各種サービス(調査設計、分析・レポート etc.)を用意していますので、web調査の委託を検討している場合には一度実施相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

◎参考

 

◎関連Q&A

通常であれば、web調査の見積もりそのものに対して料金が発生することはありません。

ただし実質的に”調査の設計”が必要になるようなレベルで見積もりを出すことを求めた場合、
対応を断られるか、別料金で調査設計サービスの申し込みが必要になると説明される可能性はあります。

 

web調査料金の基礎

初めてネットリサーチ会社にweb調査を依頼する場合、何に対して費用が発生するのかがわかりづらいと思います。
そのような方はこちらのネットリサーチ(インターネット調査)の料金を決める要素も参考にしてみてください。
どこで料金が発生するのか、ポイントを知ることができます。

 

見積もり金額について

web調査に慣れていないと、見積もりをとった後に「その金額が妥当なのか?」と疑問に思うかもしれません。
そのような場合、依頼先のネットリサーチ会社のサービス内容と、自社が必要としている内容を比べてみてください。
例えば「webアンケート画面の作成を自社で行っても構わないから安くしてほしい」と考えている場合、web画面作成がオプション料金になっているネットリサーチ会社の方が費用面で相性が良いかもしれません。
予算が厳しい場合、「余分なサービスで費用が嵩んでいないか?」という点でもチェックしてみてください。

 

web調査費用の相場

web調査の実施にいくらぐらいかかるものなのか、費用の相場を知りたいこともあると思います。
そのようなときは、各ネットリサーチ会社の料金表を見て比較してみるか、こちらの厳選15社を一覧で比較!インターネット調査の料金・モニター数まとめページの一覧表を参考にしてみてください。
複数のリサーチ会社の料金を見ることで、 web調査のおおまかな費用相場を知ることができるでしょう。

◎参考

 

◎関連Q&A

リサーチ会社に市場調査の見積もり書を出してもらうと、”何にいくらかかるのか”が記載されていると思います。
この見積もりに含まれる範囲の調査業務・納品物で調査を実施するのであれば、実際にかかる費用とのズレは生じないはずです。

 

リサーチ会社毎にサービス・料金体系の違いがある

こちらのネットリサーチ会社毎の料金比較をご覧いただければわかるとおり、調査費用は各社毎にまちまちです。
また、リサーチ会社によって”基本料金に含まれるサービス”と”オプション扱いで別料金が必要になるもの”に違いがあります。
自社の市場調査で必要なものと、リサーチ会社が提供するサービス内容の”相性の良さ”も考慮すると、
調査の実施段階で見積もりに含まれていなかった費用が発生するリスクを減らせるでしょう。

 

調査目的を明確に

市場調査を行うときには当然目的があるはずですので、それを”調査目的”として定めておきましょう。
調査目的があやふやなまま市場調査を実施すると、実際に調査を実施する段階になってから方針が変わって追加費用が発生したり、最悪の場合調査のやり直しにもつながりかねません。
こうなると見積もり金額と実際の費用に差が出てきてしまいます。
あとから話がブレて費用がかさむことのないように、明確に調査目的を定義しておくようにしましょう。

 

◎関連Q&A

リサーチ会社に市場調査を委託するときは、以下のような手順で進めます。

  1. 調査目的を決める
  2. 調査の仕様を考える
  3. リサーチ会社へ問い合わせ・調査の実施相談
  4. 調査内容・見積もり書をもらう
  5. 調査実施
  6. 調査結果受取(納品/結果報告)

1,2が自社内での事前準備、3からはリサーチ会社とやりとりしながら進めていく流れになります。
1-6それぞれの大まかな内容を以下順にご説明していきます。

 

1. 調査目的を決める

その調査を通して何を知りたいのか・得たいのか、目的を定義します。
ここでは格式張った”書き方”にこだわるのではなく、何のため・誰のための調査なのか”意図”を明確にすることを重視しましょう。

 

2. 調査の仕様を考える

アンケートの設問数やサンプル数、回答対象者の条件を決めます。
調査手法について決めかねている場合は、リサーチ会社の意見も聞いて決定すると良いでしょう。

 

3. リサーチ会社へ問い合わせ・調査の実施相談

調査目的・仕様をリサーチ会社に伝え、

  • その内容で調査の実施が可能か?
  • できない部分は代替方法があるか?

など調査実施についての相談をします。

 

4. 調査内容・見積もり書をもらう

どのように調査を行うかの概要やスケジュール、および見積もりをリサーチ会社に出してもらいます。
条件があえば発注し、調査の開始に向けて作業を進めます。

 

5. 調査実施

前段で決めた概要に従って調査を実施します。
調査の実施はリサーチ会社側が行いますが、サンプル数の確保ができない場合など
何らかの判断が必要になったときはリサーチ会社の担当者と相談しながら都度対応方法を検討します。

 

6.調査結果受取(納品/結果報告)

最後に、実施した調査の結果データを受け取ります。
市場調査の分析・レポートまで依頼している場合には、調査結果の報告を聞きます。

 


市場調査の委託は、以上1-6のような手順で進めることになります。

※上記は一般的な流れを示したものです。
委託先のリサーチ会社によっては異なる部分がある可能性があります。

 

◎関連Q&A

市場調査の申込先としては、

  • マーケティングリサーチ会社
  • インターネットリサーチ会社

のいずれかを選ぶケースが多いと思います。

前者はマーケティングリサーチの総合的なサービスを提供していることが多いですので、
調査の企画からレポートまで全工程を依頼するのであれば適していることが多いかもしれません。(※)

一方、後者は調査の実施工程(実査)を安く・早く実施するところに強みを持っています。
「市場の分析は自社で行うから調査の実施部分だけ任せたい」といった場合には、
インターネットリサーチ会社の方が低コストかつスピーディーにできる面では適しているでしょう。

※)インターネットリサーチ会社でも調査の企画から分析・レポートまで対応しているところも少なくありません。

 

特定の市場に強いリサーチ会社を選ぶ方法も

リサーチ会社の中には、特定の業界について強みを持っているところもあります。(例:自動車業界に強いなど)

このようなリサーチ会社はweb上で自社レポートを公開しているケースも少なくありませんので、
インターネットでキーワード検索して該当のリサーチ会社を探し出すこともさほど難しくありません。

ターゲットの市場について深い知見を得たい場合には、”その市場に強みを持つリサーチ会社へ依頼する”という方法も
選択肢のひとつに含めておくことをおすすめします。

 

◎関連Q&A

リサーチ会社にマーケティング調査を申し込むときには、

  • 調査目的
  • 調査の仕様(調査手法、アンケート設問数、サンプル数、調査対象者の条件etc.)
  • スケジュール(納期)

などをあらかじめ決めた上で問い合わせを入れると話がスムーズです。(※)

※)リサーチ会社によっては独自の”申し込み用紙(紙または電子ファイル)”があり、
上記のような内容を申し込み用紙に書いてほしいと言われるかもしれません。

まだ何も決まっておらず「とりあえずアンケート調査をしたいと考えている」という状態なのであれば、
リサーチ会社に申し込む前にもう少し具体的に調査内容を検討するか、
“アンケートの実施相談”とことわった上でリサーチ会社に話をしてみると良いでしょう。

 

目的に合ったリサーチ会社を選ぶには?

実施するマーケティング調査の内容次第で、依頼先として適しているリサーチ会社が変わってくることがあります。
そのような意味でも、調査目的・仕様などはできるだけ明確にしてから申し込みを検討することをおすすめします。

調査の企画から分析・レポートまでマーケティング調査の全工程を依頼する場合、
マーケティングリサーチ会社のサービスが適しているケースが多いかもしれません。

一方、シンプルなアンケート調査を安く・早く実施したいといった場合、
ネットリサーチ会社に依頼する方が理に叶っているかもしれません。

自社(ご自身)の予定している調査内容が明確になっていると、
どのリサーチ会社を選ぶべきなのか判断がつきやすくなるでしょう。

 

◎関連Q&A

マーケティングリサーチを申し込むときの大まかな流れは以下のようになります。

 

申し込み前の準備

まず事前準備として、

  1. 調査目的の定義
  2. 調査仕様決め(調査手法、調査対象者条件、設問数、サンプル数etc.)
  3. 調査票の用意

を済ませておきます。(※)

※)マーケティングリサーチの全工程をフォローしてもらうようなサービスを依頼する場合には、
この段階からリサーチ会社と一緒に話を進めることになるでしょう。
また、調査票の作成をリサーチ会社に依頼する場合には、3つ目の「調査票の用意」は不要です。

 

申し込み時の流れ

次に申し込み時の流れです。
あらかじめ特定のリサーチ会社に依頼することが決まっているような場合を除けば、

  1. 依頼先の候補となるリサーチ会社をリストアップ
  2. 比較・検討
  3. 申し込み(発注)

といった手順で申し込みをするケースが多いと思います。

1,2のリストアップ作業については、こちらのQ&A(『アンケート調査の依頼先はどのように探せば良いのですか?』)や、こちらのネットリサーチ会社の料金・サービスまとめ情報も参考にしてみてください。

3の申し込みについては、リサーチ会社のwebサイトなどから直接問い合わせるか、当サイトのような見積もりサイトを通して問い合わせをすることができます。

 

◎関連Q&A

マーケティング調査をリサーチ会社に依頼する場合、発注前に見積もりをとると思います。

この見積もりについて、どのような点について気を付けるべきでしょうか?

以下に注意点を記載しますので、特にマーケティング調査に慣れていない方は
見積もり依頼前にご一読ください。

 

見積もりの注意点

結論から言うとマーケティング調査の目的を明確にしてから見積もりをとるようにしてください。

調査目的が曖昧なままだと、調査の仕様(要件)も具体的に決まりません。

この状態で見積もりをとると、実際にマーケティング調査を実施するときになってあれこれと追加サービスが必要になり、結果的に当初の見積もり金額を大きく超えてしまう恐れがあります。

こうなると最初に見積もりをとった意味が薄れてしまいます。

また他のQ&Aでも触れていますが、 リサーチ会社は”マーケティング調査の実施”についてのノウハウは持っていても、”調査を行う目的そのもの”を決めることはできません。

状況を知るための調査にせよ、仮説を検証するための調査にせよ、「何のために行う調査なのか」という点は明確にした上で見積もりをとるようにしましょう。(※)

 

※)より正確な費用を知るためには調査の仕様(アンケート設問数、サンプル数etc.)も決めておく必要があります。仕様が曖昧すぎると、費用の算出ができない可能性があります。

 

見積もり前に費用の概算を知る方法

例えばインターネット調査でアンケートを行うことを考えているのであれば、
各ネットリサーチ会社の料金表を見ることでサービス料金を調べることができます。

見積もり依頼が出せる段階でなくとも、このような手段で大まかな費用を知ることはできるということも知っておきましょう。

 

◎関連Q&A

これは「必要最低限のサービス」がどのような内容なのかによります。

インターネット調査の基本的なサービス内容としては、

  • web画面の作成
  • サンプル回収(アンケート回答収集)
  • データ集計

などがあります。

ここで、例えば「web画面の作成」をご自身で行う手間を厭わないのであれば、
画面作成がオプション扱いで基本料金に含まれていないネットリサーチ会社を選ぶことで
コストを抑えられる場合があります。

こちらのネットリサーチ会社のサービス比較(※1)で”画面作成費用”が別料金のネットリサーチ会社をご覧いただくと、各社の比較・検討がしやすくなるでしょう。

※1)『【一覧】モニター数と料金の比較表』に複数のネットリサーチ会社の一覧表が記載されています。

 

また、ある程度リサーチの知識・経験があり、ご自身で調査業務を進めていけるのであれば
セルフ型ネットリサーチ(DIYリサーチ)を利用する方法もあります。

こちらは通常のインターネット調査よりも大幅に費用を抑えることができますし、
スムーズに進められればスピード面でも有利です。

セルフ型ネットリサーチ(DIYリサーチ)サービスを提供しているネットリサーチ会社については、
こちらのセルフ型ネットリサーチ(DIYリサーチ)サービスのご紹介(※2)を参考にしてみてください。

※2)『主なセルフ型ネットリサーチ一覧』にてセルフ型ネットリサーチ(DIYリサーチ)を提供している会社をご紹介しています。

 

◎参考

 

◎関連Q&A

 

ネットリサーチ会社の最大手はマクロミル社です。標準的なインターネットリサーチをはじめ、グループインタビューのような定性調査や会場調査、海外調査まで幅広くサービスを提供しています。また最近では『Questant(クエスタント)』をリリースして、DIYリサーチサービス(セルフ型のネットリサーチサービス)(※)も開始しています。

※)セルフ型ネットリサーチについてはこちらのページでご紹介しています。

 

ネットリサーチ会社選びについて

インターネット調査サービスを提供しているネットリサーチ会社は複数あり、それぞれに特徴があります。

依頼する調査の内容や予算の都合によってどのネットリサーチ会社がベストなのかが変わってきますので、最初から特定のリサーチ会社ありきで検討を進めると選択の幅を狭めてしまうかもしれません。

当たり前の話になってしまいますが「まず調査目的・調査の仕様を決め、その条件をもって最適なネットリサーチ会社を探す」という手順が結局は一番失敗の少ない方法でしょう。

 

◎参考

ネットリサーチに不慣れな方はこちらのネットリサーチの基礎まとめをご覧いただくと、どのようなサービスなのかがわかるかと思います。

また、ネットリサーチ会社の比較・検討をする際にはこちらのネットリサーチ会社の比較ポイントが参考になるでしょう。

 

◎関連Q&A